分譲住宅に住むなら購入方法や準備するものなどを頭に入れておこう

分譲住宅と建売ならどっち?生活する人にメリットを与える物件

購入するか、マンションの一室を購入するかに分かれる

賃貸を卒業し、自分の家が欲しいとなった時建売住宅を購入するか、それともマンションの一室を購入するかで分かれます。節約意識の高い人だったら、どっちがお得なのか気になるでしょう。

分譲住宅を購入するメリット

購入後すぐに住める

建売住宅の場合、土地と建物が一体化しているので初期費用が高くなることがあります。しかし、すぐに住むことができるしょう。一方、分譲マンションの場合、あらゆる面でコスト削減をしているため、新しい家をなるべく安く購入したい人向けです。

間取りを決める必要がない

一から作る注文住宅のように面倒がない点も魅力的です。分譲住宅はすでに間取りと外観、設置する設備が決められているので、計画を立てて何かを完成させるのが苦手な方に最適です。また、注文住宅のようなプランニングが必要なケースは、別料金が発生する可能性もあるので尚更分譲住宅がおすすめです。

費用計画が立てやすい

大阪の分譲住宅は、価格が明瞭なので購入計画がたてやすいというメリットがあります。他にも数多くの物件があるので、価格と比較することも容易でしょう。

分譲住宅に住むなら購入方法や準備するものなどを頭に入れておこう

住宅

実際に物件をみる

分譲住宅を購入するメリットは数多くありますが、だからといってすぐ購入を決めるのはいただけません。同じ大阪でも、住む地区によって環境が違いますし、チラシやサイトの情報だけでは家の良し悪しはわかりません。実際に見て、感じることで分譲住宅を上手に選ぶことができるのです。

安心のためのアフターサービス

今はどこの不動産会社も、分譲住宅のアフターケアサービスはとても充実しています。例えば分譲住宅にありがちな雨漏りや水漏れ、床の傾きなどは、0円で修理してくれることがほとんどです。しかし、保障期間が過ぎると料金が発生するので各所どの程度必要なのか、予め把握する必要があります。

購入に必要なもの

分譲住宅の購入手続きには、各段階で書類が発生します。特に準備が必要なのは、身分を証明するもの、所得に関するもの、不動産関連などです。他にも、契約申込書、ローンの審査、申し込み時の書類、決済引き渡しと色々とやることが沢山あります。

基本的な流れ

大阪で分譲住宅を購入する場合は、住む地域の相場を調べることから始めます。大まかな金額を知りたい場合は、不動産サイトで検索可能です。外観や間取りなどの画像も合わせてチェックしましょう。気になる物件について問い合わせると、物件見学の日程を組んでくれます。そこから色々な物件を比較して優先順位を整理します。絞り込みが完了したら購入する旨を伝えましょう。その後は住宅リーンの事前審査を始め、不動産会社のスタッフと重要書類の読み合わせを行ないます。それから本格的に契約を結びます。

広告募集中